顔のたるみを予防

顔のたるみを予防するリンパマッサージとは?

 

顔のたるみを予防するリンパマッサージとは、リンパの流れを意識したマッサージで、たるみが気になり始めた人に有効です。リンパのマッサージをすると、たるみやむくみを解消することができます。朝にリンパマッサージをすると特によく、寝ている間に溜まった老廃物をリンパで流すことで目の周りをすっきりさせることができます。リンパ液が滞るとむくみが起きますが、外から圧を加えてリンパ液の流れを促進すると、むくみが解消されます。

 

リンパマッサージは顔まわりにも効果大で、顔のマッサージをする前に左右両方の鎖骨上あたりを両手のひらを使って優しく撫でると効果的です。

 

そうすると、リンパ液が鎖骨リンパ節に流れやすくなります。その後、顔のマッサージをするとよく、その際、皮膚の摩擦を避けるため、ジェルやクリームを使用します。両手指をやさしく使いながら、上から下へ、真ん中から左右へとリンパ液を流すとよいです。最後は両耳下あたりに顔のリンパ液を集めるようにします。リンパマッサージを定期的に実施するようにすると、口角のたるみがあまり気にならなくなるようになります。

 

顔のたるみを改善するスキンケアテクニック

 

目の下のたるみの原因は、目の疲れとよく言われます。目の下のたるみは、老化による影響が強いのですが、目の疲れもあります。眼輪筋の衰えや目元の肌そのものの老化が、主に目の下のたるみの原因と言われていますが、目の疲れも大きな原因の1つです。普段から長時間のパソコン作業などで目を酷使している人は要注意で、目のまわりの血液の流れや老廃物の排出がスムーズに行われなくなります。

 

疲れ目が習慣化すると、目の下のたるみを引き起こすので、普段から、疲れ目にならないようにしなければなりません。パソコンの画面を見続けて疲れを感じた時は、目の周辺を指や手のひらで刺激すると良いでしょう。

 

血行が促進されるので、目の疲れが改善されます。目元を押すときは、たるみが気になる目の下と目の周りの骨格に沿って、プッシュしていきます。目の疲れを癒すなら、温冷刺激もおすすめです。温と冷の刺激を交互に与えて血行を促進するのです。
目元の疲れをとる効果は抜群で、寝る前や風呂上りに行なうと効果的です。目の下のたるみの原因は目の疲れが影響しているので、日頃のケアが必須です。

 

目のクマを軽減させるテクニック

続きを読む≫ 2015/07/08 17:59:08